スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ブログお引越ししました!

サイトを統合してブログを統合します。
新しいサイトはコチラ『あおいとりプロジェクト
よろしくお願いします!

しばらくしたらここは閉めることとします。
昔のログはnoteに移しました。良かったらご覧ください。

スポンサーサイト

2015.03.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 占星術、基礎!

ブログ、マイナーチェンジしました。

ちょっと長らく空いてしまいましたが、皆様お元気でしょうか。
ちょっとマイナーチェンジをしまして、ブログのタイトルを変えました。

主旨はおんなじ感じなんですけど、
奥様っていう柄でもないのでなんかフィットしない感がずっと気になっていて
このブログから遠のいてしまう原因となってもいたので、
タイトルだけ変えましたよー。よろしくお願いします。

他人からすると、蟹座がアセンダントのわたしは良妻賢母的に見えるのかもしれませんが、
そういう印象を持たれることにあまりうれしさを感じませんでした。
ちょっと我慢してみたのですけど、ばかばかしいので、今年から無理せず。
ストレスの要因の一つとさよならします(笑)

代わりにと言ってはなんですが、
相変わらずどこかで聞いたことのあるタイトルにしておきました。
(蟹アセンの親しみぶりを尊重したつもり、えっへん)

でも一方で、前ほど子ども苦手ではありませんし(積極的にかわいいとは思いませんが)
世話をするのもそんなに嫌いではないかもと思いました。
自発的にする分には、大丈夫なんだと思います。レッテルを張られるのが嫌なのかも(笑)

子どもを産んだから得た幸せというのを素直に認めることをなんとなく最近自分に許せるようになりました。
家庭的な手作りのご飯も楽しいし、まあいいかという感じです。

形やこうであるというラベルにこだわらず、出たとこ勝負のわたしデザインパッチワークでいいのだなと。
偉業を成さなくてもいいというか。自分の心地よさを中心に生きたらいいねと思います。

相変わらず、占星術を通して家族のことで相談受ける今の仕事は結構興味深いなあと思います。
心理学や哲学なども、ずっとずっと学んでいて飽きませんね。
そして、鑑定を通して皆さんの話を聞くのも、興味深さを失ってません。
子育て支援NPOに5年いたご縁で、場をいただき、占星術で子育て相談6年。

聞いていて思うのは、
子ども産んでも仕事してても結婚していても、
わたしという本質はあまり変わらない、
時間をどう使うかの違いだと思います。

My life is all about me, anyhow.
で、いいのだと思います。

わたしの気持ち、感性、所有欲、情熱、そして知識。
そんなもので構成され、運営されている気がします。

星ってそんな、自分を中心に360度広がっている世界を
10個の視点を中心に感じている物語。

ちょっと、気持ちが迷ってしまったら、
星という、視点からあなたの物語を紡いでみましょうという
提案がわたしが思っている占星術の鑑定です。

自分の親と兄弟姉妹との関係
自分の夫、子どもとの生活、
そのことで悩んだり、苦しんでいる人の
占星術を通して、お話しを聞くの続けて行こうと思います。

2015.01.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | わたしのこと

ホロスコープ上の天体記号の読み方の紹介~月、水星、金星~

無料ホロスコープ作成はこちらにありますよ!
と紹介しておきながら、ホロスコープのどれが誰だかわからなかったら意味ないですよねー。

絵でざっくり説明をしようと思います。
ペイントソフトでフリーハンドで書いておりますので!
フィーリングで感じてください(笑)

(うしろで、すぱうずくんが
「へったくそだなーもうちょっとなんとかならないの?」と申しております…コラッ!)

★個人天体:「月」・「水星・「金星」:
月(生活パターン)、水星(対応能力)、金星(趣向の傾向)は、個人の活動を表す生活に則した天体です。
普段の「生きる」を支えます。子育てにはここが大事です。

【月】
moon_c.jpg
みての通り、三日月。月ですね。わかりやすい!
公転周期が一番早いもの。移り変わりが激しい天体です。
2日1度くらいで次のサインの領域へ移動していきます。

なので、生まれた時間がわからないとここがわからないことが多いです。
わからないときは、1日の真ん中、つまり正午12時で計算します。1日で6度くらいうごくので
(二日半で1サイン。1サイン30度)6度前くらいの境界線だとどっちかは、生活パターンとかで分かります。無意識に繰り返す感情のパターンであります。

【水星】
suisei_c.jpg


銀河系では太陽の周りをくるくると回る惑星。
月の次にスピードが速い。
太陽の周りをまわっている惑星だけあって
太陽の目的をサポートする動きをします。

角のようなものはヘルメスの羽根のある帽子だと私は記憶しています。

【金星】
kinsei_c.jpg


★社会天体:「太陽・火星・木星・土星」:
対社会で使う個人の能力をつかさどるもの。社会に関わっていく時に使うのが社会天体の特徴です。仕事や建前、対面、プライドなどはこの辺が支配します。
【太陽】
sun_c.jpg

【火星】
kasei_c.jpg

【木星】
mokusei_c.jpg

【土星】
dosei_c.jpg

★世代天体「天王星・海王星・冥王星」:
世代全体に影響を出し共通概念として影響を出す世代天体が、
以下の3つです。この天体は個々人の生活に直接かかわることのないことを表しています。
そのため個人で使うことができず、世代が支配されている空気感を表しています。


【天王星】
この天王星を始め、世代天体とされている3つは古典占星術では使われていません。
ハーシェル氏によって1789年2月22日に見つけられたと言われています。

“ウラヌス=天王星と改称される以前は、発見者にちなみ「ハーシェル」と呼ばれたため、
ハーシェルの「H」を他の惑星記号に似せて図案化したものが、占星術・天文学を通して用いられていた。
これが改称後も用い続けられている。”

とウィキペディアに書いてありました。



【海王星】
トライトンの持っているポセイドンのヤリのモチーフみたいです。
海王星の公転周期は約165年。
見つかったりわからなくなったりしていて、話題に上ったり忘れられたりしていた
惑星なので、怪しいつかみどころのないもわーっとしたことを象徴しています。
霧とか夢とかロマンとか、ぼやかす、よっぱらうなどそういう表現をされます。


【冥王星】
発見されたのは1930年。比較的現代に発見されている惑星です。
銀河系の外の惑星と認定されていますが、
ホロスコープ上でその存在感は大きく、影響が大きいため
その後もホロスコープで注目すべき惑星として扱われています。
こんな記事も⇒冥王星に惑星復帰の可能性? - 米で惑星の定義見直す動き

●<公転周期>とは?
公転周期とは天体の動く速さをいいます。
主に惑星が太陽(この場合は銀河系にある太陽)の周りを回る速度を示しています。
ただし、図の中の「太陽」は例外で、占星術において太陽とは、地球のことであり、
地球が銀河系にある太陽を一周する速度になっています。
占星術は地動説前の天動説時代に作られたものなので、
太陽は地球の周りをまわっていると考えられていました。
しかし、そのスピードは地球が太陽の周りをまわっている速度だったわけです。
そして、「月」は地球の惑星なので地球の周りを一周する速度になっています。

公転周期速度は、速い順に
月 ⇒ 水星 ⇒ 金星 ⇒ 太陽 ⇒ 火星 ⇒ 木星 ⇒ 土星 ⇒ 天王星 ⇒ 海王星 ⇒ 冥王星
早い順に示しています。公転周期が早い天体は遅い天体に影響を受けやすいとされています。

●<年齢域>とは?
人は天体の能力が未熟なまま生まれてきます。
公転周期が早い順に天体を日々生きるという「修行」を
重ねながら天体を訓練し発達させ、徐々に使いこなせるようになっていきます。

*注:『年齢域』が過ぎたからといって、その天体を鍛えられないわけではありません。
集中して着目しその天体に向き合い鍛える時期というのが年齢域です。



テーマ:占い - ジャンル:

2014.10.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 占星術、基礎!

冥王星による、時代の移り変わりとか。

これは自分のことをメモ的に書いているので、
お暇でしたらどうぞご覧くださいね。
個人的な妄想や想定で物語をつづっていると思ってください。
専門用語ばかりで分かりづらくてごめんなさい。

2月18日は冥王星の発見日。
個人的に自分と冥王星のことを考えました。

冥王星は
時代のメイン雰囲気を表す天体として
チャートにある気がしてます。

私のチャートのなかで、ファイナルディスポジターでもあり、
太陽のすぐそばにあるし、
アセンダントと土星にはスクエアだし、
なにかと、これであおりを受けているイメージがあります。
目立つので何かと意識が行きますね。

こんなデカイものに目立たれても人生においては迷惑ですがw

基本的には地味に目立たず生きたいです。天秤なので。
それがなんか変な悪目立ちをする、目をつけられやすいというのがあり、
割と、困ったり、開き直ったりしながら、生きていますね。
不便でもあり、便利でもあります。


わたしの太陽と冥王星は
そんなにタイトではないのですがオーブ2度くらいにあります。
土星と冥王星がパーチルでスクエア(タイトってことですね)


てんびん座は活動宮。カーディナルですね。
エネルギーが目的に向かって動き出すポイントです。
ノエルティル先生は、春分点をアリエスポイントといって
活動宮の一番エネルギッシュなポイントとして重要視されています。

それはアリエスポイント(春分点)でありながら、
牡羊(アリエス)だけではなくて、
その他に蟹、天秤、山羊の0度というのも同じAPとみなします。
活動宮の初期度数、入り口ですね。

そして、29度は終わりの度数。
終わらせていく世代の度数。
0度は始まりの度数。ふたを開けて中身を出す度数。

わたしの所属している事務所(ココチ)の代表たち3人(ポラリス)のうち
二人はこの乙女29度と、天秤0度の人たちなんです。
で実際、そういう内容の活動をしている。
わたしはそれを見ている感じですね(あまり手伝ってはいないw)

そこで、私ははたと気が付いたのですが、
わたしはとんでもない時代のはざまで生まれたんじゃなかろうかということに。
(限られた条件の占星術上だけですが)

わたしは1973年生まれなのでちょうど冥王星が1971年から1973年の移行期の時代ですね。

1971年10月5日15:10に冥王星が初めて『天秤サイン』にイングレス(サインの域に入ること)します。
1972年4月17日16:59に逆行しながら『乙女サイン』に戻ります。
1972年7月30日20:32に『天秤サイン』にイングレスし、ここから、もう乙女には戻りません。

私の最近のイメージ的に
ほぼ秋分点生まれで、冥王星が初期度数なので私の年代が完全にバトンを受けているという感じす。

たぶん一番強烈な人は1972年の9月23日のてんびん座の人でしょうと思うのですが、
面白いことに、1973年の9月が世界フェミニスト宣言の月らしいです。
72年は木星が山羊で73年は木星が水瓶のせいかなと、思い直しました。

なんで興奮気味に、時代の移り変わり!とか言っているかというと、

乙女1ハウスから6ハウスの「個人の調整の領域」から
天秤の7ハウス~12ハウスの「他人とのかかわり」
という強烈な境界線を越えた世代なんだということ。

そういう意味では、
海王星が乙女⇒天秤も同じですね
冥王星が射手⇒山羊とか。

なんとなくですが、
私のトランスサタニアンのイメージは
天王星がアイディアをぽつぽつと、種まきする
海王星がアイディアを繁殖させる
冥王星がアイディアを定着させて通念とする。
ですね

自分の太陽(や、その他個人天体が)が
このトランスサタニアンになじまないサインで、
気持ち的に負けてしまっていると、
もしかしたら、

生まれる時代を間違えた
地球に生まれてくることハズじゃなかった
ここにいる人間じゃない

そういう発想になるかもですね。

(これは洋書の「冥王星」という本にその発想が乗っていました。
言葉は一緒ではないですが、発想はそういう感じだったような
取り残され感と表現されていたかな)

しかし
時代になじむ人がいればなじまない人もいる。
その人たちは多分他の世代との橋渡しだと思います、わたしは。
じゃないと、ぶつぶつと時代や流れが途切れてしまう。
使者となって、年齢の離れた人と交流してもらいたいものです。

トランジットによって結局、
平均的になりますので決して不幸でも不公平でもないです。
不幸は主観ですからね。


こういうこと書くと誤解されやすいですが
(土星冥王星のスクエアの宿命か土星の強い保守派に目をつけられやすい)、
自分が特別な生まれということを自慢しているわけではないです。
それに、特別というのは光が強い分、影が濃いので素晴らしいとは一概にも言えないです、本当。負けたら地獄ですから、のるかそるかなんですよね。この日に生まれているアストロツインはたくさんいるので、個が際立つというのはないですね。大きな流れの一角にすぎません。

それに自分が特別という選民意識は排他的になり、ヒットラーを思い起こされます。
そういうのは私の水瓶木星がアレルギーをしめします。
そういうところは、太陽水瓶と木星水瓶の違いもはっきりと感じますね。



自分のチャートを考えると、つくづく
冥王星のテーマは時代の転換や移り変わりというのを
肌で感じるなあと思います。

ココチコワーキングスペースとの私の関係性や
今まで自分がかかわってきた社会活動を通して考えます。

私という個人の限られた見識を通しての
てんびん座の世代を象徴的に感じるとすると、

天秤にイングレスした冥王星が乙女のサインに戻るとき
てんびん座の男女平等を主張するときまず、
対等である自分というモノを完成させておくことが先ってことかなと。
できること、今やれる条件、そこでのベストで自分の最良のポイントに調整する。

何かの権利を主張するとき、
それに自分が値するか?という問いですね。
男女平等にする価値、必要性というものを
人道的(という情感)ではなくて、
そうするべき理由というか利点ですね。

そのために、
乙女世代は死に物狂いで、
女でもがんばれば男並みに働ける!ということを
証明してくださったんだと思っています。

その結果、
有能なら、男でも女でもいいじゃんという風潮が
天秤サイン冥王星で象徴的に定着していったのではないかと。

しかし、平等って重たいですよ(それもてんびん座のテーマでもあると思います)

天秤の皿は、バランスをとるために
さらに何かを乗せれば、もう片方にも乗せなくてはいけません。

権利を主張すれば、義務が発生します。
権利を放棄すれば、義務が軽くなります。
権利だけ主張すると、皿はバランスを崩しすべて落ちるということにもなりかねません。
(まあ、支点が真ん中でないなら条件はさまざまだと思いますが重力は平等です)

男女平等って突き詰めて考えると、
女ってことを主張しても、弁解になったり怠けたりできません。
男並みに働くというのがその価値があるのか?という問いでもあると思うのです。

動物的な観点で筋肉面では「女性=弱い」ゆえに庇護の対象でしたけど、
文明が発達すると、差を埋めることができるようになってきます。

それでも、なお、変えられない普遍的なものもあります、もちろん。
性差の上でどちらにも強みと弱みがあり、
それをうまく補い合っていこうね!というのがパートナーシップであり、
男女の関係性だと思います。

冥王星はぐるぐる回りますから247.74年という公転周期で、
時代のメスは入ります。一回だけではありません。
(しかし冥王星が1930年に発見されてから初めてのてんびん座イングレスではあります。)


前半戦、女性の地位向上を主張するとすると
後半戦、男性のチョイスの自由や女性的な生き方を求めていくのが
天秤の15度以降何ではないかと。

女性は家にいて生活を維持する
男性は家の外で家族のために戦う
というのが、昭和な三丁目の夕日でしたが、

それは必ずしも悪でも善でもなかったと思います。

しかし、
女性に学問と就労のチャンスを与えるなら、
男性に就労や責任からドロップアウトするチャンスも与えないと
数値的におかしくなります。
(必要雇用数は割合的には変わらないと思いますし)

男性ぽいかっこうを女性に許すのなら(スーツとかズボンとかですね)、
女性ぽいかっこうを男性に許すのももちろん、理にかなっていると思います。

女性が決めるということを主張するなら、
男性が決めないということも受容することになる。

そうやって重さを測るというのが
天秤的なんじゃないかなーと

この間考えておりました。

あなたとわたしのハーモニー。
それがてんびん座だと思います。

わたしは、月が乙女座なので、
乙女の世代にすごく共感します。
その気持ちはわたしにとってとても大事なんだと思います。
世代の役割は分断ではなくて、転換期の時代の橋渡しなので。


ちなみに・・・

わたしの太陽の度数は【天秤座 3度】
サビアンは『新しい日の夜明けが、すべてが変わっていることを明らかにする』

隣にいる冥王星が【天秤座 5度】
『自分の生徒に、「新しい世界」を建設可能にする、内的な知識の基礎を明らかにする人』

2014.02.19 | | コメント(2) | トラックバック(0) | わたしのこと

月の状態と健康

この時期のわたし、

花粉がひどいからか、
寒くて体調崩しやすいのか、
はたまた、前世がクマで冬眠の記憶があるのか
冬季うつかわかりませんが、

定番的に、体調を崩しやすいです。

まあ、四半期に一度の毒だしみたいなところありますが、
ぼちぼちな体調です。

うちのすぱうずくんは
そんな全然食べない私を
いつも心配そうに見ます。

愛情というより、
奇異な目というのでしょうか?
理解できないようですね。

食べない=マジやばいレベル
という感じなのですね、彼の牡牛成分にとって。

月の状態というのは、
肉体の健康と、その保ち方の上手さとかだと思うのですが
すぱうずくんはとても健康的。

ものすごい頑丈というより、
健康でご機嫌よく楽しく過ごすための努力に対する
プライオリティが高いです。

なので、びっくりするほどいつもご機嫌で
身の丈を知り(これ健康にとって大事です!)
真の己をよくわかっている。尊敬に値します。


彼の月の状態は
緩いながら木星とトライン、
金星と60度でさらに金星と
ミューチュアルレセプションという強化具合。


具体的に言うと、
ものすごく胃が丈夫なんですよ!

どんなに熱出しても、
ルパンの「血が足りねー」というセリフを
思い起こす、食欲。
あとは規則正しさは天下一品です。

疲れていたり体力が落ちていると、
眠さがまし、眠いと自動的にセーフモードに入る。
体が勝手に寝てしまうのです。
大人かよっ!って私からすると思うのですよ。

だから、わたしの体リセット法の
「まったく食べない」という状態を
末期的状況として、とらえてしまうのですよね。
「ええ?!それ大丈夫なの?」って。

私の月は、
ノンアスに近いので、
(金星が60度という弱いアスペクトのみ)
オリジナルにその保ち方を自分で開発する
って感じでもあるので、

体調悪いと、
3日くらい断食みたいな
寝さらす状態を作ります。
体の補修を集中する感じです。
(不思議なことに仕事を入れてない時に具合悪くなる)

体をリセットするようなところがあるので、
今体に入っているモノを
全部出すという状態になりますね。

軽いと、
半身浴やらとのコンビネーションで行けば、
1日で治します。

仕事がある場合は、
強制的にショートカット的に治すこともしますね。


治すというより、直すって感じなので
その辺が、自分の調整にオリジナリティがあるのでしょう。

だから、丈夫ですよ。
季節の調整以外はあまり体調悪くならない。
人にうつされるということはあまりないです。

小さい人もそうですね、遺伝でしょうか?
インフルエンザは一回しかかかったことないし、
これ本当にインフルエンザ?ってくらい軽かったです。
我が家はあまりこの手の流行病にかかりませんね。

1つ、弱点を言うと、
すぱうずくんは神経が細いので(水星土星コンジャンクションか)
気に病んでしまうと、だめですね。
ご機嫌であれば大丈夫。

今腐ったもの食べた!って思うと下痢になります。
本当にそれがそういうクオリティかどうかは別なんですが
信じる力のすごさを思い知らされます。

食中毒の症状とは違うのですが、
食べすぎると、おなかを下して調整します。
これもすごいなーと毎回思いますね。

基本、下痢、嘔吐、発熱は1年に1度はした方がいいデトックス。
これも悪いものでていけ!という反応で
空にした体を治すのが昔の方法だと聞いたことあるので、
そういう意味では、月の状態がいいと、末期的になる前に
自己調整を時々行うのではないか?と思います。

そういう、自然の反応に敏感であるというのが
月の状態の良さかなあと思いますね。

私のイメージだと、

水星は神経
月は肉体の状態
火星はやり過ぎポイント。
土星は厳しいポイント
木星と金星は甘やかしポイント

月土星のハードなアスペクトだと
修行僧みたいなルールが自分にありそうです。
最初は体が弱かったというのがあり、
(もしくは、祖父母の刷り込み)で、
それを愚直に守ることにより、健康を保つ
最終的にはものすごい健康法を自分で編み出しそうにも見えます。

スクエアは
自分のキャパオーバーなタスクを
自分の生活に課す感じですね。
土星のスクエアは殻破りの配置なので、
オーバーワークに耐えられるまでになる可能性もあります。
そういう形で成功を収めるという可能性もありますね。

月火星のハードアスペクトだと
自分のキャパを理解せず、無茶をしそうな感じ。
もともとの体力があるので人よりエネルギーはありそうですが、
うまく使うと、エネルギーラインが月に結びついているため、
爆発的な使い方もできるかもしれない配置です。

この組み合わせの人は、もう見るからに
規則正しさから逸脱している人多いです。
そりゃ、体壊すやろって感じの生活をしているような気します。
月火星スクエアとかは特に。
調整の仕方を知らないし、体の厭い方も知らないのでは
と、はたから見ていると思うのですが、
そういう生活に月が悲鳴を上げているという配置に見えますね。

ハードなアスペクトというのは、
人より無茶をやり、もしくはやるような配置で
人より苦労し、経験の厚みや深みを引き出すので
人並み以上のことをやりたい人には幸運のアスペクトと言えるかもしれませんね。


本人は大変ですけど!
大変さを通過せずして、偉大さには到達しない
そんな気さえします。

木星のアスペクトやトラインは
向上心を押さえることにより、無茶をせず、
高望みせず、現状でできる範囲ということ。

いつもご機嫌で、
足るを知るということが健康の秘訣かもしれませんね!

しかし木星金星のゆるゆるタイプは
脂肪肝とかは注意です!定期的に健診を受け、
土星力を発揮するのも大事かも知れません。

2014.02.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | すぱうずくんと小さい人

«  | ホーム |  »

プロフィール

みかみ まき

Author:みかみ まき
わたしのブログへようこそ。普通の会社員をして、結婚し、子どもを産んだら人生に迷い始めて、子育て支援系NPOで働いてました。そこで偶然学び始めた【占星術】。釈然としない自分の中の疑問、星を見てみたら結構すっきり。毎日にっこりいられるよう、星に何でも聞いてみて、自分の中にオチを見つけることをモットーにしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。